私たちのソリューション

特別調査

GiPA社はあらゆる市場調査サービスへのアクセスを提供することで貴社の企業戦略(顧客関係、ブランド、新サービス、新商品)をサポート致します。
お問い合わせ(日本支社マネージャーリンク)

お問い合わせ

 

ATO/PAD観測

市場を深く理解するための参照ツール

自動車、ATO(Annual Trends Observatory)、PAD(Panorama Aftersales Data)

GiPA社は以下のターゲットの行動と予測を徹底的に理解できるマルチクライアント調査を行っています。
運転手
修理工・部品販売業者
ATO調査(Annual Trends Observatory)はカーパークがもっとも発展している国々で実施されています。PAD調査(Panorama Aftersales Data)は小規模市場がある国々で行われています(2,3,4年ごとにアップデート)。

二輪車

GiPA社は二輪車市場で2つのマルチクライアント調査を行っています。
毎年交互にGiPA社は2つのターゲットグループについて集中的に調査を取り組みます。
原付二輪車の運転手
二輪車の修理工
この2つの調査はドイツ、スペイン、フランス、イタリア、メキシコ、インド、インドネシア、ベトナムで行われています。
ご希望に応じて、これらの調査はほかの国でも実施することが可能です。

詳細はこちらをクリックしてください。

大型トラック

GiPA社は毎年交互に2つの大型トラックのモジュールを提供、そのうち1つは具体的なターゲットに集中した調査が対象になります。
ユーザー:3.5t以下のトラック隊
大型トラック修理工:メーカーネットワーク、個人の修理工…
これらの調査はスペイン、フランス、イタリア、メキシコで行っています。
ご希望に応じて他の国々でも調査が可能です。

 

GiPA社のツール

GiPA社が承認した貴社に特化した分析ツール

目的
  • 販売場所・管理のシェアによるブランドカバレッジの確定
  • これらの販売場所のポテンシャルの測定
  • ブランドマーケットシェアにおける評価
  • 既存の流通のパフォーマンスの分析と調査
結果
  • 本調査で以下の情報がわかります。
    • 具体的な商品におけるチャネルのマーケットシェア
    • チャネル別ブランドのマーケットシェア
    • チャネル、市場価値、市場サイズごとのブランドのパフォーマンスの分析
  • このデータは販売目標を決めるうえで重要になります。
目的
  • アフターマーケットを利用する運転手の行動分析と詳細情報
  • ブランドパークによる詳しい比較と結果の分析
結果
  • ATO調査の補足手段。この情報でカスタマーサービス戦略に利用するためのパーク(一つまたはそれ以上のブランド)でのアフターマーケットの動向の詳細研究が可能となります。
目的
  • 製品群、区分(high, medium, low)ごとの全メーカーの特定
  • 各区分内でのマーケットシェアの確定
  • 各区分内での消費者動向の予測
  • 各区分内、区分間での価格設定の評価
結果
  • この調査で貴社の業界内でのポジションを確定するための競争分析ができます。この調査結果は貴社が採用すべき販売業者とブランドポジショニングを決定する際に役立つ情報を得ることが可能になります。
目的
  • サプライチェーン各レベルの市場構造の理解(購入価格と販売価格)
  • 価格におけるベンチマーキング
  • 部品の人件費の比重を検討する。
結果
  • この調査は価格設定を決めるうえで重要となります。
目的
  • 各ブランドのモデルを使用する際の最終コストの比較(自動車メーカーの推薦や消耗部品の推定・分析)
  • 自動車の総コストの客観的なレポート(個人用または法人用)
  • それぞれの自動車メーカーのメンテナンスと修理サービスの分析
結果
  • 競争位置をベンチマークすることで市場メッセージの提供とアフターセールスサービス戦略の向上させることができます。
  • 分析には次のものが含まれる可能性があります:新車販売、中古販売、サービス料(部品と人件費)、修繕費(部品と人件費)、燃料消費、保険、タイヤ、など
目的
  • カーパークのチャネルごとの浸透率を正確に計測(パーク構造とは関係なく)
  • それぞれの地理的地域(国、地方など)または自動車のブランドによる浸透率の比較
  • 特定のチャネルの開発指数をトラッキング
結果
  • この調査はチャネルまたはネットワークのパフォーマンスを測る客観的な指数を示します。
目的
  • ブランドの知名度の計測(最初に浮かぶー自発的に浮かぶー促されて浮かぶ)
  • ブランドイメージの評価と比較
  • ブランドのマーケットシェアの確定
  • ブランド購入者と愛好家のプロフィールの確定
結果
  • 結果はドライバーとトレードオーディエンス両方の研究に由来しています。プロフェッショナルネットワークやエンドユーザーでブランドを向上させる重要なマトリクスとなります。

 

方法

ニーズにお応えするためGiPA社は最適な方法論的でアプローチを提案します。

定性調査(フォーカスグループ、個人へのインタビュー、観測)によって、サービス、商品カテゴリー、またはブランドに対する認識、モチベーション、予想が新しく変わり理解を深めることができます。
定性調査はマーケティング判断を行う際に役立ち、定量調査で必須になることも多いです。(アンケート作成に役立つ ―コンセプトテストを決定するなど)

スマートフォン、インターネット、面会、通話など、人々の姿勢、意見、行動を記述し定量化した情報を収集するため、GiPAは最適な方法を選びます。
定性調査に加え、定量調査では統計の代表性を確定するため回答者が大人数必要になります。(運転手、修理工、卸売業者、フリートマネージャーなど)

御社のネットワークによるサービス品質を理解し、ネットワークが最善のパフォーマンスをするようにサポートします。ミステリーショッピングやミステリーコールなどは計測、管理、発展するためのツールです。GiPAは御社がネットワークや各販売場所を管理できるようにアシストします。Best Practiceとは何かを特定することによってGiPAはカスタマーロイヤルティを確立し、売り上げの向上や事業費の最適化をお手伝いします。

デスクリサーチでは探索的市場分析で、徹底調査する際に必須となることが多いです。デスクリサーチではクライアント、市場参加者のタイプと初期の市場動向がわかります。